車の買取現場での注意点

みなさんこんにちは!ヤマモトです!

 

今日は実際の買取現場での注意点をお話ししたいと思います!

車を売るということが日常生活でほとんど無いので、多くの人が知識の無いことだと思います!悪質な業者に騙されないように、安い金額で売ってしまわないように幾つか注意点をお話ししたいと思います!

 

  • 安い理由を並べられ不当に安い金額を提示してくる

相手は買取のプロです。そしてこちらは当然素人。専門的な話をされて「こういうものです」なんて言われると仕方なく納得して売ってしまうこともあると思います!前回もお話ししましたが、しっかりと自分の相場を調べ、納得いかない金額であればハッキリと断る強い意思を持ちましょう(^O^)/そしてできるだけ1社だけの査定で判断することは避け、数社の見積もりを取ってから判断すると良いと思います!こちらが不慣れな分、説得力のある言い方をされると渋々安い金額で売ってしまって後で後悔しているという体験談をよく見かけます。予め相場を調べ、納得いかないときはハッキリと断る意思を持って下さい!

 

  • 強引な営業手法

交渉現場でよく、決めてくれるまで帰りませんと言ってこちらを困らせる担当者がいます((+_+))事前に分かっていれば避けられるのですが、こればかりは実際会ってみないと分からないですよね。根負けして売ってしまったっていう人がかなり多いです。少々強引な営業は車業者に限ったことではなく、保険業界や不動産業界でもよく耳にしますね。コンプライアンスの観点からこういったスタイルの会社は減少傾向にあるようですが、少数ながらまだこのような営業をするところがあるようです。①と同様に強い意思を持って丁重にお断りしてくださいね。「その金額だったら別の買取店のほうが10万円高い金額だから、そっちに売るよ」などと架空の話を言ってもいいかもしれませんが、しつこい担当者はそれでも粘るようなので、どうにもならなければ110番しますと言ってもいいかもしれませんね。

 

  • 車を引き渡した後日に再度減額交渉してくる

これと反対に増額してくれるのであれば喜んで受けるのですが、そんな話は100%無いと言ってもいいですね 笑。たまに聞くのがこの車の引き渡し後の減額交渉。引渡後に車に欠陥が見つかったなどと言って減額を要求されるケースです(。-`ω-)車を引渡した後日、銀行振り込みで売却代金を支払いますというケースがありますが、この場合は売却が成立した段階でしっかりと契約書を交わし、内容もしっかり目を通しておいてください。内容の見落としがこういった問題を呼び込んでしまう理由です!できれば、代金の授受と車の引渡しを同日にするか、代金の支払いの後に車の引渡しとしておくとより良いです(^-^)

 

 

いかがでしたでしょうか?少なからず取引現場にはトラブルが発生してしまうものです。そうならないように以上の注意点を頭に入れて少しでも高く車を売ってくださいね(‘ω’)ノ

それではまた次回!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク